お散歩

朝晩は肌寒い日もありますが、日中は過ごしやすい季節となりました。
今年度に入り、0・1歳児クラスは、初めてお散歩に出かけました。

保育園内でも虫や草花に触れ、自然との関わりを楽しむことが出来るのですが、
園外の景色はまた特別で、子ども達は初めて見る景色、初めての場所に
たくさんの興味を示していました。

大きなどんぐりが沢山拾える場所では、手にいっぱい握りしめ、
まだまだ拾うぞ~!という姿勢で拾うも、手からポロポロ…。
こぼれてもこぼれても満足いくまで拾い続けていた子ども達です。

袋に集めようとどんぐりを入れ始めると、袋の側で袋番をする子どもが現れました。
持ち手を握り、袋を離しません。
それを見て同じように持ちたいと思う子どももあらわれましたが、
一緒に少し運んで満足したようです。

帰り道、大きなカマキリに遭遇。
触るのは怖くて出来なくても、興味はあって顔を近づけて見ていましたよ。
秋は短いですが、これからもお散歩を楽しんでいきたいと思います。

前の記事

毎日の取り組み