毎日の取り組み

そろばんを毎日取り組んでいる子ども達。
どんどん上達し、商工会の珠算能力検定試験に挑戦する子もいます。

毎月学童で行われる検定とは違い、年に3回しか行われず、
指定された会場で実施されるため、緊張感は格別です。

10月の試験に向けて準備してきた子ども達のその真剣な眼差しや凛とした姿勢は美しく、
思わず見とれてしまいます。

そろばんはひたすら珠を入れていく作業ですが、向き合い方にそれぞれの個性が出ます。
時にいやになったり泣きたくなったりしながら、課題や壁を自分の力で乗り越えていく。
その過程を見守り応援していきたいと思います。

次の記事

お散歩