雪遊び

年が明けてから、初めて雪が積もりました。

0、1歳児は室内で雪遊び。たらいの中の雪の山に、なかなか近づいてこず、様子を見る子どもが多かったです。

保育士が雪だるまを作ると興味を示し、一人また一人とやってきて、同じように雪を握り始めました。「冷たっ!」と言いつつも嬉しそう♪

そのうち両手を雪の中に突っ込んだり、握った雪をくっつけようとしたりして、それぞれの遊び方を楽しみ始めました。最後は保育士が大中小の雪だるまを作り、子ども達はペタペタと固めるお手伝い。

残っていた雪を雪だるまの頭に乗せ、「鬼さん」と言って楽しむ子どももいましたよ。雪は降っても、積もることはあまりないので、ワクワクする経験が出来てよかったです。

大きい雪だるまは、暖かい部屋の中で少しずつ溶けながらも頑張り、子ども達が皆帰るまでお見送りしてくれました。「バイバイ」と言って帰る子どももいましたよ。

前の記事

新年

次の記事

たこたこ あがれ